【筋トレの腰痛予防】トレーニングベルトやリストラップで安全サポート

  • 2018年8月19日
  • 2019年6月10日
  • 筋トレ

筋トレ時の腰痛に悩まされていませんか?

この記事では、ウェイトトレーニングをより安全かつ効果的におこなうためのトレーニングギアをパーソナルトレーナーが紹介します。必要であればご自分に合ったサイズ、素材のものをご検討ください。

 

・【腰痛予防】トレーニングベルト 
・【手首保護】リストラップ
・【握力補助】リストストラップ
もっと安全に筋トレを楽しみたい方は必見です!

 

筋トレ時の腰痛などを予防

 

筋トレをサポートするトレーニングベルトなど

 

胴体に巻くトレーニングベルトはジムの備品として共有できる場合もあります。その他、手首に巻いて使うギアは各自で用意すると良いでしょう。

ただし、これらのギアに頼りすぎると体を安定させる筋群の発達が抑制される可能性があります。最初からギアに頼りすぎて自分の力で体を上手く支えられなくなってしまうからです。なので、高重量を扱うメインセットだけに使用したり、使用しない(扱う重量を軽くする)日をつくるなどして上手く活用してみましょう。

 

 

トレーニングベルト

 

ジムに備え付けの皮製トレーニングベルト

 

腹部を締め付けることにより、腹圧を強制的に上昇させ、体を固定するために使用します。ベルトをつけることで腰部を中心に体幹が安定し、腰痛などの怪我を防いでくれるわけです。

 

体幹の安定が得られていない体は、空気の抜けた自転車のチューブに似ています。丸めようと思えばぐにゃりと曲がり、そのまま強い圧が掛かればつぶれてしまいます。一方で、空気がパンパンに入っているチューブは曲げようにも曲がりません。同じようなことが身体でも起こっているのです。

 

では、この空気の抜けたチューブをパンパンにするためにはどうしたらいいでしょうか。

足でチューブを踏んでみてください。そうするとチューブ内の体積が小さくなり、空気の抜けていたチューブがパンパンになります。腹部内の体積が小さくなるため腹部の圧(腹圧)が高まるのです。つまり、ベルトでお腹を締めることにより体が曲がりにくくなり、腰や膝を痛めたりする心配が少なくなるわけです。

もちろん、体幹の安定には様々な筋肉が関わっていますので、ご自分の意志で正しい姿勢を保つことも忘れずに!また、トレーニングベルトはサイズの他に、メーカーごとの特徴や材質の違いによる一長一短があるため、ジムに置いてあるものを試したり、経験者からのアドバイスをもらうと良いでしょう。

 

メリット

  • 筋トレでの腰痛予防
  • 高重量を扱う場合の体幹安定
  • 限界まで追い込む際の安心安全

 

デメリット

  • 持ち運びには少々荷物になる
  • サイズが合わないと無駄になる

 

 

リストラップ

 

手首を保護するリストラップ(出典:https://www.walmart.com/ip/Rogue-Fitness-Wrist-Wraps-Available-in-Multiple-Colors/569090985)

 

リストラップは手首を保護するため腕に巻いて使用します。前腕(手首から肘までの腕)の2つの骨(橈骨と尺骨)や、手の細かい骨(手根骨)が適度に締め付けられることにより手首が安定します。かなりきつく巻くため、1セット終わった後の休憩では必ずゆるめましょう。

また、手首の痛みは、グリップの捉え方に原因があることが多いため、ご自分に合った負担の少ないグリップの捉え方をみつけることが先決です。

 

メリット

  • 押す動作で高重量を扱う際の安全安心
  • 包帯のように丸めて持ち運びができる
  • 洗濯が可能

 

デメリット

  • メーカーごとに生地感が違う
  • メーカーごとに好みがわかれる

 

 

リストストラップ

 

 

主に握力を補助する目的で使用します。デットリフトのように強い握力が要求される種目や、ローイングのような引く動作の際に握力を使いたくない種目に活躍します。
握り込み過ぎて手に余計な力が入ってしまう人や、それが原因で背中に意識が向かない人におすすめです。

 

 

メリット

  • 背中に効かせるための握力サポート
  • 引く動作で高重量を扱う際の安定感UP
  • 手首の安心安全

 

デメリット

  • 装着やグリップには慣れが必要
  • サイズが合わないと無駄になる

 

 

>長い目でみる「身になるトレーニング」

長い目でみる「身になるトレーニング」

YouTubeやInstagramなどを見れば、簡単にトレーニング方法を知ることができます。 ジムに行かなくても、お金をかけなくても、ひとりでも運動することができます。手段を選ばなければ、簡単に、楽して、一時的に痩せることも可能です。しかし、人は無料で与えられたもの、簡単に手に入れたものは大切にできず、いつか忘れ去ってしまいます。

当サイトでは、短期集中の高額なパーソナルトレーニングが合わない人に向けた商品を提供しています。オンラインでいつでも復習できる環境で、ご予算に合わせたパーソナルトレーニングが可能です。 時間、お金、労力をかけてジムに通い、長い期間をかけて手にしたものは、あなたの身になり、生涯忘れることはないでしょう。

さあ、一緒に「身になるトレーニング」を始めましょう。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。