ショルダープレスの使い方|肩で押す

ジムでサクッと確認できるマシン解説です。

ショルダープレスの使い方

 

 

主な筋肉

 

  • 主に働く筋肉は、肩の前側と横側
    (三角筋の前部と側部)
  • 2つのフォームによりある程度
    前と横を鍛え分けることができる

 

初期重量

 

  • まずは5-15kgぐらいが目安
  • 大きい下のピンの抜き差しで調整
  • 小さい上のピンで重さを微調整
    ・ピンを押すだけのタイプと
    ・ピンを押しながら上下させるタイプがある

 

効果

 

 

  • 小顔にみせる
  • 肩をデザインする
  • 肩こりの改善

 

動作とポイント

 

まずは一般的に案内される
正面を向いて座るトレーニングフォームです。

肩の前側に効かせる

  • 肩の前部がターゲット
  • シートの高さを低くする
    (座った時にグリップが耳の高さに位置するように)
  • 体は少し(胸から)丸めておこなう
    (胸をはりすぎない)
  • 足幅は股関節幅
  • グリップをつかむ位置は肩から肘にかけての腕(上腕)が床と平行の時、肘から手首までの腕(前腕)が垂直の位置を目安
  • 上腕を床と平行より下げ過ぎると怪我に繋がりやすい
    (上腕と床が平行の位置にきたらダンベルを挙上させる)
  • 初心者にもおすすめできる種目

 

続いて、スコットプレスという種目。
外付けパットを入れて逆向きに座る。
同じショルダープレスマシンで行います。

肩の前と横側に効かせる

  • 肩の前部と側部がターゲット(側部の種目としても使える)
  • 既存のショルダープレスマシンを活用
  • 負荷方向に対して体を少し前に傾けてプレス動作をおこなう
    (やり方はショルダープレスと同じだが、肩の側部も刺激することができる)
  • ショルダープレスマシンに反対を向いて座り、体が軽く前傾になるようにセット
    (必要に合わせて外付けパットを正面にセット)
  • 可動域は狭くなる
    (肘は肩より下げない)
  • 低負荷、高回数でおこなう
  • 足は開き骨盤を前傾させておこなう
    (猫背でおこなうと腰への負担が大きい)
  • グリップは握り込まないサムアラウンド

 

外付けパット装着時

 

様々な用途に使えるパット

>長い目でみる「身になるトレーニング」

長い目でみる「身になるトレーニング」

YouTubeやInstagramなどを見れば、簡単にトレーニング方法を知ることができます。 ジムに行かなくても、お金をかけなくても、ひとりでも運動することができます。手段を選ばなければ、簡単に、楽して、一時的に痩せることも可能です。しかし、人は無料で与えられたもの、簡単に手に入れたものは大切にできず、いつか忘れ去ってしまいます。

当サイトでは、短期集中の高額なパーソナルトレーニングが合わない人に向けた商品を提供しています。オンラインでいつでも復習できる環境で、ご予算に合わせたパーソナルトレーニングが可能です。 時間、お金、労力をかけてジムに通い、長い期間をかけて手にしたものは、あなたの身になり、生涯忘れることはないでしょう。

さあ、一緒に「身になるトレーニング」を始めましょう。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。