【失敗談あり】Schiek(シーク)トレーニングベルトの感想とサイズ感

ジムで見かける腰に巻くベルト、気になりませんか?あると便利そうだけど効果とか、どんなのを選べばいいかわかりませんよね?

ゆめぴょこちゃん

なんかカッコいい!

みになる君

できる人って感じだね!

フィットネス業界歴20年以上のトレーナーが数ある経験談ともに、あなたに合ったSchiek(シーク)社のトレーニングベルトを見つけるお手伝いをさせていただく記事内容です。

タップできるもくじ

Schiek(シーク)トレーニングベルトとは

トレーニングベルトは正式に言えばリフティングベルトと呼ばれ、名前のとおり重りを持ち上げる際に体幹部をサポートしてくれるアイテムです。

ゆめぴょこちゃん

何かのチャンピオンベルトかと思った。

みになる君

確かにそうも見えるけど…

Schiek(シーク)トレーニングベルトの効果

リフティングベルトの効果

ジムの重たいダンベルやバーベルの置いてあるエリアで、腰に太いベルトを巻いてトレーニングしている人を見たことがあると思います。このトレーニンングベルト(正式名称:リフティングベルト)は、腹部を締め付けることにより腹圧を強制的に上昇させ、体幹を安定させる効果があるのです。

もちろん、体幹の安定には様々な筋肉が関わっていますので、ご自分の意志で正しい姿勢を保つことも忘れずにしたいですね。

Schiekトレーニングベルトの特徴

その中でもシーク社のナイロン製トレーニングベルトは独自の設計により、革製のベルトや他社のナイロンベルト比較して腹部をしっかりと締め付けることができるのです。これがシークが多くの方に愛用されている理由です。公式サイトではベルトの使い方を紹介した動画でしっかりと締め付けられるつくりを見ることができます。

Schiek(シーク)トレーニングベルトの使い方

タップできるもくじ
閉じる