リニアレッグプレスの使い方|股関節で押す

ジムでサクッと確認できるマシン解説です。

リニアレッグプレスの使い方

動作

まずは動画で動きを確認してみましょう。

他のアイソラテラルと名のつくマシンは左右独立して動けるのに対し、このリニアレッグプレスは足場が1枚しかありません。そのため、プレートを左右対称につける必要がなく、片方にプレートをつけても両脚均等に負荷が掛かるのが特徴的です。
それでは詳細をチェックしていきましょう。

主な筋肉

  • 主に働く筋肉は、ももの前側、後ろ側、お尻。
    (大腿四頭筋、ハムストリングス、大臀筋)
  • 補助として働く筋肉は、背中。
    (広背筋、脊柱起立筋)

設定

1、負荷の取り付け

プレートをつけていない初期重量は約50kgです。人によっては重く感じますが、正しいフォームを身につけて重りに慣れれば10〜15回はすぐにできるようになります。

※プレートを取り付ける際の留め具は必要ありません。

2、シートの角度

前後に2段階で変えることができ、黒いレバーと一緒にシートを傾けます。後ろに倒せばお尻やもも裏を活躍させるフォームがやりやすくなり、前に起こせばもも前に効かせるフォームがやりやすくなります。

3、セーフティレバー

足場の下にあるレーバーで高さを調節。
追い込んでつぶれても抜け出せる高さにしておきます。

実技

右側の+を選択すると詳細が表示されます。

ポイントを確認する
効果

  • ヒップアップ
    (お尻ともも裏のくびれをつくる)
  • 脚腰の強化
    (膝痛の予防)

準備

  • 【背もたれを後ろへ倒す】
    よりお尻に効かせるフォームができるよう背もたれを後方にセットします
    →背もたれの後ろにあるレバーを倒して調節
  • 【安全装置を設定する】
    足場の下にある安全装置をつぶれても抜け出せる位置にする
    →足場の下あたりのレバーを上げながら調節
  • 【足場の高さを選ぶ】
    体格に合わせてスタート位置を2段階の高さから選びます
    →足場をやや押しながら両サイドにあるグリップを外側へ
    (固定されているグリップもあるので混同しないように注意)
    足が届かない場合はスタッフに頼んで下げてもらいましょう
  • 【胸をはる】
    しっかりと胸をはるように肩甲骨が寄りながら下がるよう構える
    お尻をシートの座面に押し付けるようにイス下の固定式グリップを引くイメージ
  • 【余裕のある重さ】
    15回ほど繰り返せる重すぎず軽すぎない負荷を設定
    (初期重量は50kg)

動作

  • 基本的にはスクワットと同じ
  • 【股関節から押す】
    下腹部ともも裏に力が集まるのを感じながら足場を押す
    膝の曲げ伸ばしで動かすバリエーションもあるが脚が太くなるだけで初心者にはオススメしない
一般的なレッグプレスと比べて動作範囲が大きく、よりお尻を鍛えやすい設計になっています。膝ではなく股関節から足場を動かそうとすることで、ヒップアップはもちろん膝痛や肩こりの予防にも効果が期待できます。
>長い目でみる「身になるトレーニング」

長い目でみる「身になるトレーニング」

YouTubeやInstagramなどを見れば、簡単にトレーニング方法を知ることができます。 ジムに行かなくても、お金をかけなくても、ひとりでも運動することができます。手段を選ばなければ、簡単に、楽して、一時的に痩せることも可能です。しかし、人は無料で与えられたもの、簡単に手に入れたものは大切にできず、いつか忘れ去ってしまいます。

当サイトでは、短期集中の高額なパーソナルトレーニングが合わない人に向けた商品を提供しています。オンラインでいつでも復習できる環境で、ご予算に合わせたパーソナルトレーニングが可能です。 時間、お金、労力をかけてジムに通い、長い期間をかけて手にしたものは、あなたの身になり、生涯忘れることはないでしょう。

さあ、一緒に「身になるトレーニング」を始めましょう。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。