レッグプレスの使い方|股関節を動かす

ジムでサクッと確認できるマシン解説です。

レッグプレスの使い方

 

 

主な筋肉

 

  • 主に働く筋肉は、お尻の下部と太もものウラ側&オモテ側。
    (大臀筋、ハムストリングス、大腿四頭筋)

 

初期重量

 

  • まずは30-50kgぐらいが目安
  • 大きい下のピンの抜き差しで調整
  • 小さい上のピンで重さを微調整
    ・ピンを押すだけのタイプと
    ・ピンを押しながら上下させるタイプがある

 

動作とポイント

 

右側の+を選択すると詳細が表示されます。

ポイントを確認する
効果

  • お尻と脚のシェイプアップ
  • 下半身の筋量アップ

 

準備

  • 【負荷と回数】
    1セット10〜15回できる重さを設定
    (黄色いピンを抜き差し)
  • 【シートの位置】
    黄色いレバーを上げてシートをできるだけ前へ
    (動作範囲やフォームに影響)
  • 【足の幅】
    はじめは肩幅を目安
    つま先は外側30度。
    慣れたら股関節幅
    つま先は正面を向ける。
  • 【足の高さ】
    膝がつま先よりも前に出ない位置
    (お尻を狙う場合は少し上に置く)
  • 【姿勢良く座る】
    骨盤を起こしてやや前に倒す
  • 【グリップをつかむ】
    やや胸をはり肩を下げて
    シート横のグリップを4本の指で引くようにとらえる

 

動作

  • 【足場を押す】
    足裏全体で押す
  • 【ゆっくり戻す】
    丁寧にコントロールしながら戻す

 

>長い目でみる「身になるトレーニング」

長い目でみる「身になるトレーニング」

YouTubeやInstagramなどを見れば、簡単にトレーニング方法を知ることができます。 ジムに行かなくても、お金をかけなくても、ひとりでも運動することができます。手段を選ばなければ、簡単に、楽して、一時的に痩せることも可能です。しかし、人は無料で与えられたもの、簡単に手に入れたものは大切にできず、いつか忘れ去ってしまいます。

当サイトでは、短期集中の高額なパーソナルトレーニングが合わない人に向けた商品を提供しています。オンラインでいつでも復習できる環境で、ご予算に合わせたパーソナルトレーニングが可能です。 時間、お金、労力をかけてジムに通い、長い期間をかけて手にしたものは、あなたの身になり、生涯忘れることはないでしょう。

さあ、一緒に「身になるトレーニング」を始めましょう。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。