ローローの使い方|背中で引く

ジムでサクッと確認できるマシン解説です。

目次

ローローの使い方

 

背中に効く筋トレマシン(ローロー:ローロウ)

https://www.technogym.com/jp/low-row-selection-700.html

 

主な筋肉

 

  • 主に働く筋肉は、背中の外側と真ん中
    (広背筋と僧帽筋)
  • 補助として働く筋肉は、肩の後ろと力こぶ
    (三角筋後部、上腕二頭筋)

 

効果

 

  • 背中をデザインする
  • 肩こりの予防
  • 体幹の安定

 

動作

 

  • 2つの代表的なフォームがあります
  • 背中の内側に効かせるか外側に効かせるかです

 

まずは背中の内側を使うフォーム。
体幹を安定させた状態で正面にあるグリップを背中で引いていき、元の位置まで戻します。

 

次は背中の外側を使うフォームです。

 

ポイント

 

  • マシンの設定や動作のポイントを確認しましょう

 

背中の中央を狙う場合

右側の+を選択すると詳細が表示されます。

ポイントを確認する
効果

  • 姿勢改善
  • 背中のシェイプアップ

 

準備

  • 【シートの高さ】
    両手をみぞおちの高さ目掛けて引ける位置
  • 【胸当ての位置】
    座った時に背中を丸めてようやく手が届く位置
  • 【グリップをつかむ】
    親指を外してあまり握り込まない
  • 【姿勢良く座る】
    骨盤を起こす
  • 【足幅は狭く】
    股関節幅に開く

 

動作

  • 【自然と胸をはる】
    肩甲骨を背骨に向かって寄せながら下げるようにしてグリップを引く
  • 【やや猫背になる】
    肩甲骨が背骨から離れて上がるようにグリップを戻す
背中の中央を刺激する種目ですが腕に頼ってしまいがちです。肘の曲げ伸ばしよりも肩甲骨の動きが重要になります。

 

背中の外側を狙う場合

 

ポイントを確認する
効果

  • 姿勢改善
  • 背中のシェイプアップ

 

準備

  • 【シートの高さ】
    両手をヘソ下の高さ目掛けて引ける位置
  • 【胸当ての位置】
    座った時に背中を丸めてようやく手が届く位置
  • 【グリップをつかむ】
    親指を外してあまり握り込まない
  • 【姿勢良く座る】
    骨盤を起こす
  • 【足幅は狭く】
    股関節幅に開く

 

動作

  • 【肩甲骨を下げる】
    肩甲骨をそけい部(ビキニライン)に向かって下げるようにしながらグリップを引く
  • 【やや前傾】
    グリップを戻したときに体が垂直よりやや前傾になっても良い
目次
閉じる