フィールサイクルで痩せる人、太る人

大汗かいて漕いでるのに痩せない!頑張っているのに変わらない!

フィールサイクルで痩せる人と太る人がいます。これはどのバイクフィットネス、スタジオエクササイズでも言えることです。

記事の内容

スタジオエクササイズの落とし穴
・痩せる人と太る人の特徴
・解決のヒントになる動画を紹介

バイクフィットネスで楽しく、しっかり成果を出したい方へ。
記事の最後に、有酸素運動で損しないためのヒントが詰まった動画を紹介します。

タップできるもくじ

フィールサイクルで太る人もいる

話題の暗闇フィットネス

大型フィットネスクラブではジムでの筋トレ以外にもプールやスタジオでのグループエクササイズが人気を博しています。

女性に人気のヨガやピラティスはもちろん、インストラクターのリードでダンスや格闘技の振り付けなどを行うものや暗闇のスタジオでインドアバイクを漕ぐもの(フィールサイクルなど)コンパクトなバーベルやダンベルを使う筋トレのクラスまで様々です。

どれもカッコいい音楽と、参加者全員で行う高揚感が大きな魅力担っています。 

こういう経験はありませんか?

  • 頭ではわかっているのにインストラクターの指示通り動くことができない
  • 言われた通りに動かそうとすると膝や腰などが痛くなってくる
  • たくさん身体を動しているのに痩せない体型が少しも変わらない 

どんな運動も行った内容によりその効果は違ってきます。様々なスタジオエクササイズを「種目別に分類」して考えることで目的に合ったものを選択することが容易になり、運動効果をさらに引き出すことができます。

結果を求めるのであれば何を選び、どのようにおこなうかが重要です。

陥りやすい「スタジオエクササイズの落とし穴」を知っておくことは身体の変化を最短で実感できるためのヒントになるでしょう。

スタジオ型エクササイズの特徴と落とし穴

  • 動いてエネルギー消費を狙う
    → ついついやりすぎてしまう… 
  • 音楽との一体感でストレス解消
    → みんなについていかなきゃ…
  • 身体をコントロールして整える
    → 正しくできているのかな…

スタジオやプールでのグループレッスンはそのほとんどが月会費内でおこなえるということもあり、たくさん参加したほうがお得だと考える人が多いでしょう。

たしかに、ダンス系や格闘技系などの音楽にのせた派手な動きや盛り上げ上手のインストラクターは私たちのモチベーションを常に上げてくれます。ヨガやピラティスなども人気で、どのスポーツクラブにも多く導入されています。魅力的な選択肢が多いと、ついついやりすぎてしまいますよね?

また、1対多人数の指導形態であることも大きな特徴のひとつです。
音楽や振り付けという、クラス全体の「流れ」が存在し、よくもわるくも参加者全員で一緒に動きます。特に健康のために必要な筋肉量を増やしたい人や余計な脂肪を減らしたい人は、これらの条件とうまく付き合わなければなりません。

下記は一般的な大型フィットネスクラブのスタジオエクササイズを分類化し、その特徴と陥りやすいミスをまとめたものです。ちなみにインドアバイクエクササイズは燃焼系になりますが、フィールサイクルは小さなダンベルを使うことから筋トレ系の項目も参考になるでしょう。

グループレッスンの落とし穴

燃焼系

音楽にのせて一定の負荷が掛かったリズミカルな動きが続くクラス。

  • ダンス
  • バイク
  • コンバット …他
  • ついていくのに一生懸命で無理な動きになりやすい。
  • やり過ぎて腰や膝など関節を痛めやすい。
  • 大汗をかき、疲れるため、達成感だけは得られる。

筋トレ系

ボディパンプ

ウェイトマシンやバーベル、自分の体重を使った筋トレ要素を取り入れたクラス。

  • モムチャンダイエット
  • ボディパンプ…他
  • 間違ったフォームだと腕や脚だけ太くなる。
  • 無理な動作は関節に負担が掛かる。
  • ちゃんと出来ているのか本当のところはわからない。
  • 流れがあるため自分の身体に集中しきれない。
  • どう動いても達成感だけは得られる。

調整系

腰痛ストレッチ

一連の流れの中で、自分の身体をコントロールしながら動かすクラス。

  • ヨガ
  • ピラティス
  • ハンモックエクササイズ…他(女性向けプログラムに多い)
  • 動きを真似するだけになりがち。
  • 身体を支えるため、必要最低限の筋肉量が必要。
  • ちゃんと出来ているのか本当のところはわからない。
  • 流れがあるため自分の身体に集中しきれない。

フィールサイクルでキレイに痩せる人の特徴

効果的なペダリングができる人

  • 骨盤を起こしてバイクに乗れている
  • ハンドルバーに寄りかかっていない
  • お尻やもも裏を使ってバイクをこいでいる

フィールサイクルで太る人の特徴

肩甲骨や股関節が使えない人

  • お尻が下がっている
  • ハンドルバーに寄りかかっている
  • ペダルを踏み込むようにこいでいる

【必見】多くのヒントをくれる動画を紹介

SPINNING®︎マスターインストラクターの館正訓(たち まさくに)さんが効果的なインドアバイクエクササイズのヒントを紹介しています。

タップできるもくじ
閉じる