ケーブルローイングのやり方|背中で引く

ジムでサクッと確認できるマシン解説です。

目次

ケーブルローイングのやり方

 

 

 

主な筋肉

 

  • 主に働く筋肉は、背中の外側と真ん中。
    (広背筋と僧帽筋)
    ケーブルを引く位置によって変化。
  • 補助として働く筋肉は、力こぶ。
    (上腕二頭筋)

 

動作

 

背中の内側(僧帽筋)と背中の外側(広背筋)への
鍛えわけ方があります。

背中の内側に効かせる

 

背中の外側に効かせる

 

ポイント

 

背中の中央を狙う場合

右側の+を選択すると詳細が表示されます。

ポイントを確認する
効果

  • 姿勢改善
  • 背中のシェイプアップ

 

準備

  • 【ケーブルの高さ】
    一番下にセットにする
    (黄色いピンを引きながら下げる)
  • 【アタッチメントの取り付け】
    ストレートバーを取り付ける
    (まっすぐのバー)
  • 【グリップをつかむ】
    肩幅よりやや広く
    親指を外してあまり握り込まないようとらえる
  • 【姿勢良く構える】
    骨盤を起こす
  • 【足幅は狭く】
    股関節幅に開く

 

動作

  • 【自然と胸をはる】
    肩甲骨を背骨に向かって寄せながら下げるようにしてグリップを引く
    (みぞおちに引く)
  • 【少し戻す】
    姿勢を維持しながらバーを戻す

 

その他

  • まっすぐのバーは収縮(引く動作)を強調して刺激するのに向いている
  • 身体の大きい人には短いバーのアタッチメントは不向きかもしれないのでバーベルを使った種目も検討すると良い

 

 

背中の外側を狙う場合

右側の+を選択すると詳細が表示されます。

ポイントを確認する
効果

  • 姿勢改善
  • 背中のシェイプアップ

 

準備

  • 【ケーブルの高さ】
    一番下にセットにする
    (黄色いピンを引きながら下げる)
  • 【アタッチメントの取り付け】
    ストレートバーを取り付ける
    (まっすぐのバー)
  • 【グリップをつかむ】
    肩幅よりやや広く
    親指を外してあまり握り込まないようとらえる
  • 【姿勢良く構える】
    骨盤を起こす
  • 【足幅は狭く】
    股関節幅に開く

 

動作

  • 【肩甲骨を下げる】
    肩甲骨をそけい部(ビキニライン)に向かって下げるようにしながらグリップを引く
  • 【少し戻す】
    身体が前後にブレないようにコントロール

 

その他

  • バーの手幅が広いタイプは収縮(引く動作)を強調して刺激するのに向いている
  • 身体の大きい人には短いバーのアタッチメントは不向きかもしれないのでバーベルを使った種目も検討すると良い

 

目次
閉じる